インプラントのメリット

治療期間が短い

「インプラントの治療期間が短い」と言ったら「えっ?!」と驚かれることでしょう。

たしかにインプラントの治療期間は通常数ヶ月を要しますが、たったの一日、それも僅か数時間の手術で済むインプラント治療が実際に行われていて、忙しい人や、長い治療期間が待てない人が治療をうけています。

今までのインプラント治療は、通常で3~6ヶ月という比較的長い期間を必要としていました。これは、歯根を入れてから、入れた歯根と顎の骨が安定するまで様子をみていたり、歯周病にかかっている場合は、歯周病の治療を行って歯周病が完全に回復するのを待っていたためです。

しかし、顎の骨の量が十分あって、かつ、歯周病にも罹っていない人の場合は、手術が数時間ですむ【抜歯即時インプラント】と呼ばれるインプラントの治療法があり、1日で済んでしまうのです。

また、今まで骨の量が少ないなどでインプラント治療が出来なかった人が行う手術に「GBR法」と「サイナスリフト」「ボーンクラフト」と「グラフトレス術式」「ソケットリフトソケットリフト」という手術方法があります。インプラントができるように少ない骨の量を補う手術なのですが、これらの治療にも、長期間を必要としていました。

しかし、移植骨のブロックを移植した後、インプラントが可能な土台を作る期間も技術が進み、短縮されています。

後は、歯周病の問題がインプラントの治療間を長引かせています。

このようにインプラント治療の技術は日々進歩していますから、今後益々治療にかかる期間が短くなることが期待されます。

インプラント治療を長引かせる歯周病ですが、歯周病は、虫歯と違って防ごうと思えば防げます。歯科医の先生に教えてもらった一番効果的な方法は、お風呂に入っているときに、お風呂の中で歯を磨くことだそうです。お風呂で体があたたまり、歯茎も血行が良くなっていますからそのときに磨くのが、歯周病予防に一番効果があるとの事でやってみましたが、たしかに効きました。もちろん、お風呂の中だとゆっくり歯を磨けますから、当然虫歯の予防にもなります。