インプラントのメリット

失った歯の数との関係

インプラントとの治療の場合は、失った歯の数が多くてもかみ合せの力の回復が可能というのも、入れ歯やブリッジにないメリットです。

抜けた歯をブリッジで治療をすると、ブリッジは固定式なので、入れ歯のように取り外したり、歯を洗ったりするなどの手間が必要ありません。違和感が少ないのも魅力です。しかし両隣の歯がないと出来ませんから、一番奥の歯がない場合は出来ませし、両側の健康な歯を少なからず削らなくてはなりません。

両隣の歯に負担がかかり、結果的に両隣の歯もダメにしてしまうと、今度は部分入れば歯ということになりますが、続けて歯がない場合のブリッジは、構造上歯の裏側の見えない部分に補強の支えを通して作りますので、一本だけ抜けている場合とは、比較にならないほど、慣れるまでの期間、相当な苦痛を伴いますし、長期的にはまた入れ替える事になり、再び歯科医院へ行って作り直す可能性が大きいです。

その点インプラントは歯根を作っての治療ですから、何本も続けて歯が抜けていたとしても、部分入れ歯のような苦痛を伴いません。

噛み合せの良さ、自分の歯のように食べて美味しく感じること、そして、長期にわたって同じ状態で噛むことができるメリットは、入れ歯とは比較にならないものがあります。

たしかにインプラント治療は高額なのが欠点ですが、入れ歯そのものがだめになったり、入れた歯の周りの歯が虫歯になって治療に通ったりということがなく済みます。

入れ歯で再び通院する治療費、通院する手間暇、歯の痛みの苦痛、精神的ストレスなど、長い期間を通して考えれば、インプラント治療は決して高くないと思われます。