インプラントのメリット

ブリッジとの比較

インプラントにするメリットは様々ありますが、まず、失ってしまった歯の数が多くても、安定した噛み合わせにすることができることが一番にあげられます。この安定感は、ブリッジや入れ歯では味わえないものです。チタンなどの材質を埋め込むのですから、虫歯にならず長い期間同じ咀嚼力を保つ事が出来ます。

しっかり固定されているため、堅い物でも安心して食べることができますし、自然の歯に近い状態物で美味しく食べられます。

入れ歯の場合はというと、入れたときは適切な噛みあわせであっても、長期間同じ噛みあわせは維持することが難しいという欠点があります、インプラントは一度入れれば長い間にわたって同じ状態を維持することが可能です。

外観も自然で、自分の歯に近い外観が保てますから、このことも特に女性にとっては嬉しい事でしょう。

歯が抜け落ちてしまうと、歯を失った箇所は顎の骨の成分が自然に減り、衰退して今いますが、インプラントを入れて咀嚼しているとその刺激が衰退を防止してくれます。歯を失って顎の骨が自然と弱ってしまい、益々咀嚼力が衰えることを防いでくれるのです。

インプラントなら、一度抜け落ちて諦めていた人でも、もう一度自分の力で咀嚼することができるようになり、噛む楽しさ、食べる楽しさが再び味わえます。

このように、メリットの多いインプラントですが、入れ歯と比較してのデメリットもいくつかあります。

それは、高額な費用がかかることです。高額な費用がかかるばかりに、インプラントにしたいけれど、出来ない人もお多くいるのが現実です。

そして、治療に要する期間が長いことです。インプラントは、歯根を埋め込んでからその状態が安定するまで様子をみます。3~6ヶ月おいて様子を見て、そして大丈夫と判断されてから歯根にインプラントを被せるので、治療が終了するまでに時間がかかってしまいます。

インプラントは治療は時間がかかりますが、入れたしまった後は長期間同じ状態が保て、入れ歯のように、数年でまた歯医者さんに通ったりしないで済みますのでお勧めです。