インプラントのメリット

物が食べやすくなる

インプラントは、歯列の安定したつながりを回復することができるので、物が食べやすくなります。自分の歯のように美味しく感じる事もできます。

入れ歯では堅い物が食べられなかったのですが、インプラント治療を受けた歯は堅い物でも安心して食べることができます。

入れ歯の場合、堅いものを食べるときはよほど注意をしなければなりません。堅いものをボリボリと食べたのでは、入れ歯を入れて後、たとえ、1ヶ月しかたっていなくてもだめになってしまいます。これは、恥ずかしいのですが私の実体験です。

私の場合は、部分入れ歯だったのですが、入れ歯を入れてそれまで食べられなかった大好きなピーナツがボリボリと食べられる嬉しさで、たくさん食べてしまいました。その結果1ヶ月もしないうちに入れ替えるはめになりました。

インプラントといえど、私のような乱暴な使い方はいけないでしょうが、それでも1ヶ月もたたないうちに直すことはほぼありえません。

そして、食べやすくなると同時に、食べ物が自分の歯で食べているように美味しく感じられるのです。食べ物が美味しく感じられなくては、とても幸福感など味わえません。

インプラントでの治療を受けて「噛む満足を感じられて、食事が美味しくなった」という人が多勢います。

昔、総入れ歯だった私の祖母が「自分の歯で食べたいな・・」と切なそうに時々言っていたのが思い出されます。それほど入れ歯違和感があり、噛んでも味気なくて、とても食べ物が美味しく感じられる状態ではないのです。

歯がいかに、健康面はもちろん精神面に影響してくるか、その影響の大きさは計りしれません。インプラント治療をして良かったと喜んでいる人の気持ちが良くわかります。