インプラントの種類

GBR法・サイナスリスト

快適な噛み心地が味わえるインプラント治療ですが、今まではインプラント治療を受けるのに色々と制限がありました。しかし、インプラント治療も段々に進化して、今まで治療が受けられなかった人も、インプラント治療が受けられようになってきています。

今までインプラント治療が受けられなかった人もインプラントを可能にしたものに、「GBR法」と「サイナスリフト」があります。

生まれつき顎の骨が薄かったり、歯周病などによって顎の骨の厚みがない人は、インプラント治療を諦めざるをえませんでした。しかし、骨再生療法を行い、自分の体の別の部分の骨を移植することで治療が可能になりました。

まず「GBR法」ですが、顎の骨が失われると、失われた部分に歯肉や筋肉組織が入り込み、顎の骨の再生を阻みます。GBRで法は、特殊な「メンブレン」という骨の元になる物質を詰めて骨の再生を促す治療方法です。これにより、骨の量が足りない人もインプラント治療が可能になりました。

次に「サイナスリフト」という方法ですが、サイナスリフトとは、顎の厚みを増やすために行われる治療です。上顎の「上顎洞(サイナス)」空洞が大きすぎて上顎にインプラントを埋め込むだけの厚みがなくなった人に用いてインプラント治療が出来るようにします。

上顎の骨の厚みが1~3mmしかないときにこの手術が行われますが、顎の骨の奥にある上顎洞を覆う粘膜を持ち上げ、上顎の骨との間に隙間を作り、その部分に自分の骨、あるいは骨の元になる物質を入れて、骨の厚みを確保する方法です。

この「GBR法」と「サイナスリフト」の他にも、「ボーンクラフト」と「グラフトレス術式」「ソケットリフトソケットリフト」という手術方法があり、今まで骨の量が少ないなど、顎のトラブルでインプラント治療が出来なかった人もインプラント治療ができるようになりました。

.