インプラントの種類

ボーンクラフト

インプラントでの治療法の一つに「ボーングラフト」があります。「骨移値」とも呼ばれるこの治療方法は、歯が失われてから時間が経過して、歯槽骨が吸収され薄くなって顎の骨が痩せてしまい、インプラントをできる状態ではなくなってしまったとき、ボーンクラフトを行うことで、インプラント治療を可能にします。

ボーンクラフトの方法は、痩せた顎にボーンクラフトで骨を移植して骨を育てます。これによって、顎の骨が痩せた人でも、インプラントが打てる状態にします。移植する骨は、多くは本人の歯槽骨や顎の骨を使用します。

生まれつきの骨格により、インプラントが困難なとき、移植骨のブロックを移植し、周囲の隙間に細かく粉砕した本人の骨を詰めて、インプラントが可能な土台を作ります。

顎から骨を移植できないときは、鎖骨から持ってきますが、自分の骨で作るので安定感もあり、確実な方法です。人工の骨補填材などを使用する場合もありますが、決して大がかりな手術ではなく、手術する範囲も限られています。

骨移植のブロックは、動かないようスクリューで固定しますが、スクリューの材料にはインプラント体と同じチタンを使用します。これによって十分な高さ・幅が増生されてからインプラント治療に入ります。このボーンクラフトが開発されてから、骨が痩せていてインプラント治療できなかった人もインプラントでの治療ができるようになりました。

骨量が不足している人には、グラフトレス術式という治療法も開発されています。ただグラフトレス術式のデメリットは、移植をしてから約6ヶ月の治癒期間を待たなければなりません。そのため、治療期間も長期となってしまいます。

しかし、今までインプラント治療が受けられなかった人が技術の進歩で受けられるようになったり、安全・確実に、可能な限り患者さんに負担が少ないようにと、インプラントの治療法の技術が進んでいます。