インプラントの種類

抜歯即時インプラントとは?

歯の治療の革命をもたらしたインプラントですが、その治療方法にも実に様々な治療法があり、患者さんの状態に対応しています。

その治療法の一つに【抜歯即時インプラント】があります。この抜歯即時インプラントとは、歯を抜いてすぐ後でインプラントを埋入して治療を行う方法です。ただしこの治療はだれでもが行える治療法ではなく、抜歯即時インプラントでも大丈夫という条件が揃ってこの方法で大丈夫と判断されたときに行われます。

条件には、患者さんの骨の量がインプラントを埋入できる十分な骨の量があることや、歯周病にかかっていないことなどがあります。通常のインプラント治療では、抜歯してから歯根になるチタンを埋め込み、そして3~6ヶ月の期間をおいて状態をみます。そして大丈夫だと判断してから人工の歯を冠せて治療が終了します。

抜歯即日インプラントの治療は、従来のインプラント治療のように歯を抜いてから埋入まで数ヶ月はかかっていた期間が、僅か1日で手術が終了します。通常のインプラントにかかる期間が待てない人には抜歯即時インプラントがお勧めです。

抜歯即時インプラントでは、通常よりも大幅に時間が短縮というメリットの他に、腫れや痛みを伴う可能性がほとんどなく、余計に麻酔をかけたりなどの身体の負担が少なくて済むというメリットがあります。そのうえ、通常の方法よりも回復が早いとも言われています。

歯がないと物を食べるときに不便というばかりでなく、喋るときにも不便を感じたり、聞いている人が聞き苦しかったりします。ましてや前歯がないのは社会人としては恥ずかしいですし困ります。一日で治療が終了する抜歯即時インプラントは助かりますし、審美的にも救われます。

抜歯即時インプラントの治療には、CTのデータから、インプラントを埋め込むための手術用ガイドとインプラントに取り付ける人工の歯を事前に用意しておき、ガイドに従いながらインプラントを埋め込み即座に歯を取り付けるという研究も進んでいます。

一時間足らずでインプラント埋め込みから始まって歯の取り付けまでの全てが完了するという究極のインプラント治療というのが「抜歯即時インプラント」です。