インプラントのデメリット

歯周病との関係

インプラントの治療をするときに、歯周病に罹っていると、歯周病の治療がすむまでは、インプラントの治療ができません。また、歯周病があまりにも強度だと、インプラント治療そのものができない場合もあります。

歯周病というのは、歯茎の中の歯周病菌が骨の組織にまで進み、その結果、歯槽骨と呼ばれる歯の周囲の骨を溶けさせてしまう怖い病気です。

歯周病を放置することで、歯が抜けておちてしまいますから、この状況でのインプラント治療開始はとても危険です。骨に埋め込むインプラントはチタンでできています。チタンはインプラントと結合している骨にも永久に結合しますから、インプラントの場合も、自然の歯と同じように歯周病菌の骨への感染があり、歯周病になる可能性があります。

歯周病は、歯の周辺の骨を溶かしますから、歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。そのために、顎がインプラントを埋め込む事に耐えられないので、インプラント治療が行えません。インプラント治療をしたいけれど、歯周病に罹っている場合は、歯周病を直してそれからインプラント治療に入ります。

歯周病に罹っていると、インプラントの定着率が悪く、失敗の原因となってしまいます。そればかりでなく、インプラント治療で、歯周病の炎症が起こってしまったときは、健康な歯への影響も大きなものとなる恐れがあります。

歯周病があって、歯周病の治療をしてから、インプラント治療した人というのは、インプラントの手術後もきちんとコントロールを続ける必要があります。もし、このコントロールを怠ると、インプラントは顎の骨に人工歯根を結合させて固定させていまい、歯周病の影響であごの骨が溶けてしまいます。これではせっかく入れインプラントも抜け落ちてしまい、高額をかけてインプラント治療をしても無駄になってしまいます。