インプラントのデメリット

金属アレルギー

金属アレルギーの人は、インプラント治療を躊躇してしまう人もいるようですが、ニッケルやクロム、銀やパラジウム、水銀などではアレルギーを起こすことがありますが、インプラントに使われているチタンでは金属アレルギーは起しません。このように、金属がアレルギーを起すと言っても全ての金属がアレルギーを起すわけではありません。

そして金属アレルギーを引き起こしやすいとされる金属のニッケル、スイギン、パラジウムなど、これらは腐食を起こしやすいために金属アレルギーが起きるといわれています。

しかしチタンの表面には酸化チタンと呼ばれる膜が薄く張られているために、腐食性や身体親和性が非常に高いとされていることから、チタン製のインプラントを埋め込んでもアレルギーを引き起こしにくいと考えられています。

歯科治療で金属アレルギーを起した人の場合は、主にニッケルが使用されていた事が原因で、チタンではありません。また、インプラントメーカーはたくさんのメーカーで売られていますが、チタン以外のインプラントは販売されていません。

インプラント治療で使われているチタンが安全であるということは、整形外科医が骨の固定に使っていることからも証明されています。また、骨折した時などに骨の固定にもチタンが使われていますから、そちらの面からも安全性が証明されています。しかし、ごく稀にはアレルギー反応を起こす人もいるようですから、インプラント治療をする前に皮膚科でチタンのアレルギー検査を受診することで、安全に安心して治療を受けることができます。