インプラントのデメリット

費用が高額

インプラント治療は優れた治療法で、インプラント治療によって再び噛む喜びを味わえて喜んでいる人など多勢いる一方で、治療費が高額なためにインプラント治療を諦めて見送っている人も多勢います。

インプラントの料金は高額な上、健康保険が適用されません。インプラントの平均的な金額は20万~60万と言われています。それほど高額なのですが、インプラント治療の良さは、それでもなおインプラントを選択し、多勢の人が治療を受けています。

インプラントの値段が高いかどうかは、受ける患者さんの価値観によるといえます。もちろん、経済が許してというのが前提ですが。

難しいインプラント治療技術を導入するには、単に大学を出たからといって簡単に誰でも出来る技術でもありません。医院に導入して治療が出来るようになるまでには、何度も海外へ行って研修をしなければならず、しかも非常に高額な設備を整えなければなりません。

患者さんの安全のためには使い捨てのインプラントを揃えて、スタッフを徹底的にトレーニングした後にやっと施術できます。そして人工臓器のインプラントのため、原価の安い粗悪品は使うのは危険です。高額でも安全な製品を使って、腕の確かな技術を持つ技工士さんに作ってもらわなければならず、かなりの高額な原価になるといいます。

そのような事情を知れば、インプラント治療が高くなってしまうのも頷けますが、高額のために良い治療が受けたくても受けられないのですから、複雑な思いがあります。

しかし、いずれはインプラント治療がもっと安くなって、一部のお金持ちの治療法ではなく、一般的な治療になる時代が来ると言われていますし、そうなって欲しいと願わずにはいられません。