インプラントで失敗しないために

30代の女性の体験談

私の30代になる知人の女性は、10年以上前に、右下の奥歯を2本インプラントにしました。

その知人女性は、長年のブリッジのせいかどうか、歯根が短くて、周辺の組織にも問題がではじめたため、かかりつけの歯科医でインプラントを勧められました。高額な治療なので、知人の女性もだいぶ迷ったようですが、やはり、樂にものが食べたい、もう歯の悩みは嫌という思いから、インプラントに決めました。

手術直後は、骨をいじるため、それなりの痛みはあったそうですが、思った割には、痛くもなく拍子抜けしたようです。インプラントの治療は、ボルトをいれたり、骨を削ったりと結構なことをしているようなのですが、麻酔をしているので手術中は何をされているのか全くわからなかったと言っています。

インプラントの埋め込みもそれほど痛くなく、それ以来、快適に過ごして、10年も経っています。知人の女性は、歯科医に言われたとおりのインプラントの手入を真面目にやっているようなので、10年経った今でもそのままの状態を保っているのではないかと思われます。

もちろん、歯科医のインプラントの治療技術が良かったということもあります。知人のその女性が言うのには、できれば一生持つ歯なのだから、あまり安い所はお勧めできないといっています。金額もそれぞれなので、何件か相談に行って比較してみる事も大事なようです。

知人がインプラント治療を受けた医院は金額も一番高い医院だったとのことですが、アフターケアもしっかりしているなど、手術をしてくれた医師に、絶対の信頼をおいているようです。