インプラントで失敗しないために

手術前の注意

インプラント治療を成功させるためには、手術前のしっかりした検査と準備が重要です。

信頼できるインプラント治療の医師を選び、安心してインプラント治療が受けられようにすることもインプラント治療を成功させるためにも大切です。カウンセリングを受けたり、気になることはなんでも先生に相談しておきましょう。

インプラント治療を妨げるものに、歯周病と、歯茎の骨の量の問題があります。日本人は欧米人に比べて歯茎の骨の量が少ないといわれています。GBR法やサイナスリスト他の治療でしっかり整えておく必要がありますが、この治療で骨の量を増やすのにはある程度の期間が必要です。焦らずに事前の治療の期間を過ごしましょう。

タバコはインプラントに悪影響を及ぼすといわれていますから、インプラント治療を成功させるためにはタバコは控えましょう。せっかく高額のお金をかけて入れたインプラントを長持ちさせるためには、インプラントを入れたらそのまま禁煙することがお勧めです。

インプラント手術は局部麻酔で日帰りの手術です。それほど心配はいりませんが、リラックスした状態でインプラント治療を受けられるように、前日は睡眠を充分にとり、体調を整えておく事が大事です。

化粧はできるだけしないで、爪は短く、マニキュアは落としておくこと、長髪の方はまとめて、義歯(入れ歯)・装飾品などははずしておくことを忘れないで下さい。コンタクトレンズもはずします。当日は、軽めの食事をとってインプラント治療を受けることをお勧めします。