インプラントとは

インプラント適応範囲

歯の画期的な治療法のインプラントですが、インプラントを行うには、十分な骨を必要とします。そのために少し前までは、骨が痩せているとインプラント治療を受けることが出来なかったり、歯周病があまりにも悪化しているとインプラントでの治療が出来ませんでした。

現在では、インプラント治療の技術が驚くほど進歩していて、骨が痩せている場合は骨造成手術をしてインプラント治療を可能にしています。

また、再生医療の医療技術の進歩もめざましいものがあり、患者自身の細胞を培養することで、骨や歯肉組織を人工的に作りだし、移植をしなくても骨や歯茎を増やせる方法も開発されて、インプラント治療を可能にしています。

インプラントが行われ始めた1980年代、インプラントと骨の結合が難しく、適応範囲は非常に限られたものでしたが、インプラント治療の研究が進んだ現在では、インプラント治療が可能な適応範囲が広がっています。

インプラント治療の適応範囲を広げた要因は以上のようにいくつかありますが、一番の要因は1990年代に出現した「チタン」です。

インプラントにチタンという金属を使用するようになってから、骨の結合を容易になり、

適応範囲はさらに大幅に広がりました。

チタンを利用したインプラント治療の追跡調査では、治療後5年後で90%以上、メンテナンスを適切に行っていた人では20年以上もインプラントが機能しているという結果が出ています。

ただ、いかにインプラント治療の技術が進歩していても、糖尿病や骨粗鬆症などは、未だ成功率が難しいという現実もあります。